066. メインにおすすめの職業 ~ アタッカー編2 ~

更新日:

前回のつづきです!

アタッカーの役割と、戦士、まもの使い、バトルマスターについてはこちら

踊り子

2ラインの多彩なスキルで戦うバッファー&デバッファー!

使用感 ★★★☆☆

将来性 ★★★☆☆

 

踊り子の最大の特徴は職業スキルが「うた」と「おどり」の2種類あることです!

「うた」は主に味方の能力を高めるスキル、

「おどり」敵の能力を弱体化するスキルを覚えます。

「うた」100の「よみがえり節」周囲の味方を蘇生するスキルです。

絶体絶命の危機から立て直すことができたりするので、頼りになりますね。

「おどり」のほうも属性耐性を下げるスキルで敵を弱体化させ、大ダメージを与えることができます。

 

非常に便利なスキルの数々を使えるのですが、

成長しきった状態でも、両方のスキルをすべて取得することはできません。

序盤なら、なおさらスキル振りに悩むことになるでしょう。

 

踊り子のもう一つの大きな特徴として、バトルマスターと同じく片手武器の二刀流ができます。

踊り子の装備できる武器は、短剣スティックで、すべて片手武器。

二刀流の武器スキルは右手に装備した武器種で決まりますが、左手に何を装備するのかは自由に選べます。

 

一番よくつかわれるのが短剣

毒が入る相手に限りますが、ヴァイパーファングからのタナトスハントは非常に強力。

踊り子だと二刀流のため、スリープダガーやヴァイパーファングの判定が2回あり、高確率で眠りや毒にすることができます。

また、短剣150スキルの状態異常成功率アップも「おどり」スキルと相性がいいです。

毒に弱い相手に対する火力は、相当なものになります。

 

え? 踊り子なのに武器で戦うの?

と思う人も多いでしょう。

ドラクエで踊り子といえば、4に登場したマーニャ。

彼女は武器で戦うより、呪文の方が得意でしたね。

もちろん、ドラクエ10の踊り子も攻撃呪文が使えます。

とはいえ、両手杖やローブが装備できないため、攻撃魔力が不足がちになり、ほとんどだれも使っていませんでした。

しかし、最近では、攻撃魔力が大幅に上がる扇や防具が登場し、魔法型踊り子も実用性を帯びてきています。

扇の180スキル、風斬りの舞で呪文の威力を高めることもできます。

 

転職クエスト・職業クエストは、獅子門で受注することができます。

ひっさつ技は「荒神の舞」

味方全員のテンションを4段階上げることができます。

これは、全員が必ずスーパーハイテンションになる、ということではなく、

2段階までは確実に上昇し、3段階目、4段階目は確率で上昇になります。

全員のテンションが一気に上がるので、強力な技ですね。

 

使い方しだいで、実に多彩な活躍ができる踊り子。

まだまだ研究の余地が残されている様子なので、ぜひあなたなりに踊り子の活用法を探してみてください!

 

盗賊

「ぬすむ」が使える唯一の存在! 2種類のスタン技も便利!

使用感 ★★★☆☆

将来性 ★★★☆☆

盗賊についてはこちらもご覧ください!

 

早い段階で「みやぶる」「おたからさがし」のスキルが覚えられます。

 

「みやぶる」はモンスターに使うことで、

せんれきの討伐モンスターリストにより詳しい情報が記載されます。

こういうのを集めるのも楽しみの一つですよね。

 

「おたからさがし」マップ上の宝箱やキラキラの場所を表示するもの。

他職だと「おたからさがしのすず」を使わないといけないので、マップ探索のときには便利です。

スキル解放が進むと、150で「サプライズラッシュ」を覚えます。

これとひっさつ技の「おたからハンター」2種類のスタン技が使えるため、

うまく回せば一方的に攻撃をし続けることも可能になります。

 

装備できるツメムチ短剣はいずれも強い武器なので、

まもの使いや踊り子には及ばないものの、

しっかりとしたダメージを出すことができます。

ただし、範囲攻撃は苦手です。

 

最大の特徴はなんといっても「ぬすむ」

きようさが低ければなかなかぬすめなかったり、

わずかなゴールドだったりするものの、

敵からいろいろなアイテムが集められるのは楽しいものです!

装備がそろってくると、さまざまな方法でお金を稼ぐことができるようになります。

 

職業クエストガタラの酒場で受注できます。

ひっさつ技の「おたからハンター」はスタン効果のほかに、

モンスターが必ず宝箱を落とす、という効果もあります。

ぬすむと合わせて、アイテム収集に活用したいところです。

 

魔法使い

初心者にも安心!離れた場所から高威力の呪文を唱えよう!

使用感 ★★★★☆

将来性 ★★☆☆☆

魔法使いについてはこちらもご覧ください!

 

アタッカーとして火力を求めらる職にあって、後衛にあたります。

攻撃手段はもちろん強力な呪文。

単体魔法のメラ系や、範囲魔法のヒャド系・イオ系があります。

それぞれ、炎・氷・光の属性に分類されていて、

効きやすい敵、効きにくい敵がいるので、

注意しながら使い分けるといいでしょう。

 

魔法使いは、敵から離れた場所から呪文を唱える、というスタイルなので、

敵の攻撃を受けにくく安定してダメージを与えることができます。

まだ慣れないうちから、比較的操作がわかりやすい職業です。

 

まずは呪文の威力を2段階上昇させる「魔力覚醒」を目指しましょう。

これを使うことで火力が大きく上昇します。

そのあとは両手杖のスキル、「早読みの杖」を使えるようになれば、

まずは魔法使いとして十分な火力を発揮できます。

 

レベルが上がるにつれ、敵の攻撃が強力になり、

その撃たれ弱さから、火力を活かしづらくなってしまいます。

パラディンがいるPTで、安定して敵を攻撃できれば、

持ち前の火力をいかすことができるのですが、

現在では物理火力構成が主流のため、なかなか活躍の機会に恵まれません。

 

とはいえ、敵の動きをよく見て、しっかりと呪文を使うことができれば、

大きなダメージを与えることができるのは間違いありません。

 

職業クエストレンドア南の宿屋で受注できます。

ひっさつ技は「ミラクルゾーン」

魔力覚醒と早読みの杖がかかり、1分間MPを消費しなくなる技です。

 

武闘家

テンションを自在に操る、俊足のアタッカー!

使用感 ★★★☆☆

将来性 ★★☆☆☆

武闘家についてはこちらもご覧ください!

 

素早さと火力もさることながら、

「きあい」スキルで多くの便利な技を覚えられます。

心頭滅却敵のブレス攻撃のダメージを大幅に減らし

不撓不屈自分にかかった状態異常を治療します。

おたけび周囲の敵をひるませ、

めいそうHPを無念無想MPを回復できます。

 

そしてなんといっても最大の特徴は「ためる」

自分の好きな時に、好きなタイミングで

テンションを上げられるので非常に強力。

「ためる」では3段階目以降の上昇に失敗することもありますが、

「ためる弐」だと必ずスーパーハイテンションになります。

 

しかし、装備できる武器のツメは多段攻撃がメイン。

多段攻撃だと、テンションが1撃目しか乗らないので、

せっかくのテンションをうまく活かすことができません。

扇の百花繚乱は、スーバーハイテンションで広範囲に大ダメージを与えることができますが、

扇のほかの技は補助がメインのため、火力役としてはものたりないです。

基本的には、単体相手にはツメ、範囲攻撃には棍を使うことになります。

 

ひとつひとつのできることは強力なのに、

いまいちシナジー効果が発揮されにくい環境になっています。

とはいえ、ストーリー進行では十分な火力を出せるでしょう。

 

職業クエストはジュレットで受注できます。

ひっさつ技「一喝」敵全体をスタンさせる強力な技です。

スタンに耐性がある敵もいるので、注意してください。





ドラゴンクエストXランキング




スポンサーリンク

-職業・バトル

Copyright© ぽって部! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.