099. おすすめアクセサリー ~腰アクセ編~

更新日:

種類は3つ、数はたくさん!

今回は、腰アクセサリーについて紹介します。

腰アクセサリーは現状3種類のみになっています。

上位アクセサリーの伝承もありません。

しかし、進めていくと一番たくさんの装備欄を占めるのが腰アクセサリーになります。

 

以前紹介したハイドラベルトを除く2つは、

実にたくさんの効果がつくので、職業や参加するコンテンツに合わせて使い分けることになります。

その2つ、輝石のベルト戦神のベルトは入手方法なども特殊になるので、順番に見ていきましょう。

 

1. ハイドラベルト

こちらは過去の記事でも触れているので、あわせてご確認ください。

基礎効果として、HP+10おもさ+15に加え、開戦時50%でヘヴィチャージがあります。

合成効果HP+1~3おもさ+2~4。最大でHP+19おもさ+27になります。

 

おもさが重要パラディンにはもちろん、HPが上がるためどんな職業にもうれしいアクセサリーです。

HP+19の方がいろんな職業で使えるため、まずはこちらを目指すのがいいでしょう。

パラディンをよくやる人でも、ヘヴィチャージの強化の影響で、オシリスと同じくおもさ+27にこだわらなくてよくなってきています。

今後を見据えて、おもさ+27を用意しておいてもいいかもしれませんが、急ぐ必要はありません。

 

入手方法はコインボスキングヒドラの討伐。

SPふくびき券の5等キングヒドラ強のカードが手に入るので、SPふくびき券に余裕があれば挑戦しやすいです。

キャラクターが十分成長すれば、ふつうのヒドラよりヒドラ強の方が倒しやすいと言われますが、

レベルの低いうちは、カジノでふつうのものに交換してもらいましょう。

ふつうのヒドラは、頑張ればレベル50のサポート仲間でも倒せますが、おすすめはしません!

 

コインボスで手に入る腰アクセサリーこれだけになり、

あとの2つはVer2の途中か、Ver2クリア後に入手できるものなので、

ストーリーがまだそこまで進んでいない場合は、こちらを装備しておくといいでしょう。

後述のものが手に入れられるようになっても、HPが最も上昇する腰アクセサリーであるため、ずっと使えるベルトです。

 

2. 輝石のベルト

輝石のベルトはVer2の中盤あたりから挑戦できる「王家の迷宮」で手に入れることができます。

この王家の迷宮について紹介しだすとそれだけでいくつかの記事になる分量のため、またの機会に。

 

ここで手に入る輝石のベルトは実に様々な効果があり、もともと2~3の効果が付いています。

同じく王家の迷宮で手に入る「めざめの秘石」最大4つまでつけることができます。

複数手に入れておいて、職業や参加するコンテンツに合わせて装備することになります。

 

効果を説明しだすときりがないのですが、

ここではいくつか、わたしがよく使うものを挙げておきます。

一番重要なのが「〇〇の特技の攻撃ダメージ+〇%」のシリーズ。

こちらは全7種の属性ダメージを底上げしてくれます。

こちら、かえん斬りなどもともと属性効果のある特技はもちろん、

無属性の特技でも、魔法戦士対応するフォースをかけてもらえば威力が上がります。

雷が弱点のボスに挑む場合は、雷の攻撃ダメージ+のベルトを装備して、魔法戦士にストームフォースをかけてもらう、といった具合ですね。

 

プラスされる効果値は、+4~10%なので、+10%のものが出たら残しておいて7属性あると便利です。

「〇〇の呪文の攻撃ダメージ+〇%」というシリーズもありますが、ほぼ魔法使いなどでしか使わないため、炎の+10だけ確保しておくか、後述の戦神のベルト両手杖炎+13の方がいいでしょう。

 

画像を上げたのは、わたしの相棒キラーパンサーのぽっくる用。

メインダメージソースのいなずま・しっぷう攻撃のダメージを高めつつ、すこし足りてなかったきようさを補ってくれる優れもの!

きようさなどの能力値は最大+20までつくのですが、まあ十分なのでぽっくるにずっと装備させています。

かいしん率+1.0も無駄になりません。

 

確保したものの、結局使ってないのが魅了ガード+10%

これと、宝珠ぐるぐるメガネを組み合わせることで、魅了ガード100%にすることができます。

魅了ガードを100%にするには、一部のセット装備を除きこれしかありませんので、できれば持っておきたいベルトです。

 

そのほか、各状態異常ガード2~10%の効果が付きます。

即死呪い8%~10%のものが出たら、置いておくといいかもしれません。

8%のものでも耐性リング80%宝珠の飾り石を利用すれば100%にできます。

 

レアドロップ1.1倍が2つで1.2倍の効果。

これと後述の幸運のお守り1.4倍と、安価で購入できる1.4倍の腕装備で、2.0倍になります。

転生モンスターのレアドロップ狙いならこれで十分ですね。

レアドロップの加算方法はちょっとわかりにくいので、またの機会に詳述します。

 

HPやMPは+10が最大です。

HPを伸ばしたい場合は、合成したハイドラベルトの方がいいですね。

 

レアドロップ1.1倍のほかに、通常ドロップ1.1倍の効果が付くこともあります。

 

3. 戦神のベルト

戦神のベルトは、Ver2をクリアした後に挑戦できる邪神の宮殿で入手できます。

こちらも、詳しくはまたの機会に。

 

戦神のベルトは、輝石のベルトとよく似ていてさまざまな効果があり、

手に入った時点で2~3つ付いているのですが、めざめの鬼石最大4つまでつけられます。

 

このベルトについても、わたしがよく使うものをいくつか紹介します。

一時期大流行した両手剣装備時 炎ダメージ+13%

こちら、人気武器のフューリーブレードと組み合わせることで、

魔法戦士がいなくてもすべてのダメージを+13%にすることができます。

プラズマブレード炎耐性低下効果とも相性がいいです。

プラズマブレードの効果を上昇させる両手剣装備時 雷ダメージ+もついていたら、とても貴重な逸品です。

 

輝石のベルト「〇〇の特技の攻撃ダメージ+〇%」というシリーズとよく似た効果ですが、

こちらは上昇値が10~13%と高く、特技・呪文の区別がありません

 

一方で、装備する武器が限定されるので、集めだすときりがありません。

よく使う武器のものは、頑張って戦神のベルトで集めて、

あまり使う機会のない武器は、輝石のベルトを利用する、などしましょう。

 

魔法使いをやるなら、必ずほしい両手杖装備時 炎攻撃+13%

これでメラゾーマメラガイアーなどの威力が+13%になります。

攻撃魔力と回復魔力+16~24という効果が付くこともありますが、

攻撃魔力+24するより炎ダメージ+13%の方が、ダメージ上昇量は多いです。

もし、両手杖 炎+13%攻撃魔力+24の効果が付いたベルトが手に入れば、とても貴重なものなので大切に使ってください。

 

あと、最近人気が出てきたのが扇装備時 土+13%

土属性の攻撃は今まで少なかったのですが、天地雷鳴士が登場してからそのダメージソースになるめいどうふうまの効果を高める土+が注目されるようになりました。

 

そのほか、いわゆる種族特攻物質系にダメージ+〇%の効果がつくこともあります。

戦神のベルトだと6~9%、輝石のベルトだと4~8%ですが、この種族特攻、呪文をはじめ効果がない攻撃も結構あり、ややこしいので属性ダメージアップを優先したがいいと思います。

 

ですので、自分がよく使う武器属性ダメージアップのベルトを、いろいろ集めてみてください!

 

ハイドラベルトに加えて、必要なものを集めましょう!

腰アクセサリーは、有用な輝石のベルト戦神のベルトが手に入るまでは、

ハイドラベルトを装備しておくと間違いないです。

 

王家の迷宮邪神の宮殿に挑戦できるようになれば、

属性ダメージアップベルトを中心に、必要なものを集めましょう。

 

これもよさそう、これもいつか使うかもしれない、と置いておくうちに、

あなたの装備欄はベルトだらけになっていることでしょう。





ドラゴンクエストXランキング




スポンサーリンク

-装備・アクセサリー

Copyright© ぽって部! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.