人気ブログランキング







Ver5からの新しいスキルシステムの変更点を確認しよう! ~その2~

投稿日:

できるようになったことと、できなくなったこと。

みなさん! こんにちはなので!

 

前回は、Ver5での最大の変更点である新スキルシステム

どこがどう変わったのかについて紹介しました。

 

今回も、前回に引き続き新スキルシステムを掘り下げていきたいと思います!

まずは、新スキルシステムになったことで

できるようになったことできなくなったことを整理してみましょう!

 

できるようになったこと!

今回のスキルシステム改修でのメリットから見ていきましょう!

全職業のスキルを振りやすくなった!

使わない職業のレベルはあまり上げなくてよくなった!

職業ごとのバランス調整がやりやすくなった!

この3つが大きいのではないでしょうか!

 

全職業のスキルを振りやすくなった!

わたしにとって一番うれしい変更点!

今まで限られたスキルポイントの中から、
職業スキル武器スキルに振り分けていたため、

片手剣スキルをとるために、遊び人の職業スキルはあきらめる

弓スキルをとるために、レンジャーの職業スキルはあきらめる

扇スキルをとるために、武闘家の職業スキルはあきらめる

みたいなことをやってたわけですね。

 

しかし、今後は獲得スキルポイントの増加により、

レベルをあげて職業クエストをクリアすれば、

全職業の職業スキルを修得したうえで、各職2~3の武器スキルをとれるようになりました。

 

せっかくいろんな職業があるんだし、なるべくいろいろ使ってみたいですよね!

わたしも、今までパラディンや遊び人をほとんどやったことがなかったですし、
最近は武闘家や旅芸人、踊り子あたりをやる機会が減ってしまっていたので、

今後はもっといろんな職業に挑戦してみたいと思います!

 

使わない職業のレベルはあまりあげなくていい!

こちらは新規プレイヤーさん初心者さんうれしいポイント

わたしはライトプレイヤーとはいえ、もう5年も続けているので、
ほとんどの職業のレベル上げがおわっているわけですが、

19もある職業全部のレベルを上げるのって大変ですよね!

 

今までは使うつもりのない職業であっても、

メイン職業の武器スキルを修得するためにレベル上げが必要でした。

 

しかし今後は使わない職業のレベルあまり上げなくてよくなります!

 

パッシブスキル全職共有特技修得のために、
各職レベル30程度まで上げておいた方がいいですが、
それもわりとすぐ到達できることは、前回の記事で紹介したとおりです。

 

使いたい職業のレベルだけ上げればいい!

レベルを上げた職業はしっかりスキルが振れる!

という、非常にわかりやすいシステムになりました。

 

各職ごとのバランス調整がしやすくなった!

こちらもとても楽しみなポイント!

職業ごとに武器スキルが個別化されたため、バランス調整がしやすくなっています

Ver5.0で調整された職業はまだ一部ですが、今後に期待できる改修点ですね。

 

これによって、今まで活躍の場が少なかった職業出番が増えそうです!

特にこれまで割をくっていたのが武闘家

アタッカー職のため、火力上昇が望まれ続けていたのですが、
職業スキルに攻撃特技がないため、武器スキルを強化する必要がありました。

しかし、武器スキル複数職で共有されていたため、

ツメスキルを強化してみれば、まもの使いがより強くなる結果につながり、
棍スキルを強化しようとしても、後衛の僧侶が火力面で力を持ちすぎるため、思い切った調整ができなかったようです。

 

しかし、今後は武器スキルが各職業で個別化されたため、

特定の職業で特定の武器スキルのみ強化する、みたいなことが可能になりました。

 

その第一弾が、

武闘家のヤリ旅芸人のブーメランパラディンの片手剣賢者の扇の4つです!

とくに武闘家のヤリ旅芸人のブーメランは、わかりやすいくらいむちゃくちゃ強いです!

 

アタッカーは、

Ver3では戦士一強
Ver4.4までは戦士安定、まもの使い最強
Ver4.5からはバトルマスター一強

みたいな変遷を遂げてきましたが、

 

現在のヤリ武闘家は、

Ver4.5当時「強すぎる!」と話題になったバトルマスター

並ぶ火力を持ち合わせています。

 

常時、安定した火力を発揮し続けられるバトルマスターと、

テンションを活用してすさまじいダメージをたたき出すヤリ武闘家

それぞれ得意なことは違いますが、どちらも強い!

 

今後も、各職個性が違うだけで、どの職業を使っても強い!

というバランスに調整されていくことを期待したいですね!

 

できなくなったこと!

大幅なシステム改修のため、いいことばかりではありません。

残念ながら、今までできていたけれど、できなくなってしまったこともあります。

特定の職業での全武器種同時使用

一部職業での盾スキル使用

職クエクリア後「あえてスキルを取らない」

こちらも確認しておきましょう。

 

特定の職業で全武器種を同時に使用できなくなった!

前回、

「獲得スキルポイントが増加したため、結果的に今までと同じような感覚でスキルを振れる」

と紹介しましたが、

一部の特定の職業に偏らせたようなスキル振りできなくなっています

 

例えば戦士だと、レベル110特訓スキルブックがある程度そろっていれば、

片手剣・両手剣・盾・ゆうかんの4つのスキルを最大まで修得できます。

 

しかし、これに加えて「オノや格闘も使いたい」と思っても、
職業クエストボーナスの100以降にポイントを振るのは困難です。

通常は、武器スキル2種類と盾スキルで十分なことが多いのですが、

それでも「特定の職業に特化して全武器を使う!」というプレイスタイルの人もいるわけです。

 

とくにどうぐ使い4武器種が扱えて、そのいずれも便利な補助特技を持っているため、

バトル中に4武器を切り替えながら戦う、ということもされていただけに、

道具使いをメインで使っていた人たちの落胆は大きかったのかもしれません。

 

しかし、運営さんがやろうと思えば

武器4種すべて振れるまで獲得スキルポイントを増やすこともできたわけで、

あえてそうしなかったのは、

1戦闘で最大まで使える武器は2種類

あとは必要に応じてスキルを振りなおす!

このバランスの中で遊んでほしいという運営の方針のようです。

それを踏まえて、どういったプレイスタイルをとるか模索していくのが重要だと思います。

 

 一部職業で盾スキルが使えなくなった!

今回のスキル改修にともない、

格闘スキル全職業に追加され、

盾スキルほとんどの職業に追加されたのですが、

一部、盾スキルが追加されなかった職業も存在します。

 

武闘家バトルマスター踊り子まもの使いの4職に加え、
新職のデスマスター計5職がそれにあたります。

もともと、拳闘士の盾などごく一部の盾しか装備できず、
両手武器や二刀流がメインのため、ほとんど盾を使わない職業ばかりですが、

コロシアム一部の強敵相手盾を持って挑むこともありました。

 

今後も、拳闘士の盾を装備すること自体はできるので、
呪文耐性やブレス耐性が必要なときに装備すればいいのですが、

スペルガードアイギスの盾などの特技は使えなくなってしまいます

 

こちらも運営さんが、

この5職は盾スキルが使えないというバランスに調整した

ということになります。

特に武闘家バトルマスター火力がすさまじいため、
より個性を活かして遊んでほしい、ということなのでしょう。

 

職業クエストのクリア後「スキルを振らない」という選択ができなくなった!

職業クエストをクリアすると、全スキルラインに最大100ポイントのボーナスが加算されます。

こちら、一度クリアすると現状ボーナスを減らすことができなくなっています

ボーナスなんだから、加算されていた方がお得なわけですが、
少し不便に感じることもないわけではないです。

 

一番影響があるのが、普段使わない武器スキル表示されてしまうこと。

そのせいで、バトルコマンドがぐちゃぐちゃになってしまいます。

 

特に、格闘スキルは全職業にあり、使うのはばくれつけんくらい

 

必要に応じて、スキルの表示設定を活用しましょう。

表示設定さくせんキャラ設定バトルコマンド設定から行えます。

 

そのほか、
修得スキルを大幅に制限する必要のある「くちぶえサポ」や、

 

パッシブスキルなしでどこまで戦えるか検証するための
「なるべく弱いざくろくん」などもできなくなります。

今後、こういうことをやるには「職業クエストをクリアしていないキャラ」育てなおさないといけませんね。

 

また、スキル振りのために職業クエストのクリアが重要になったため、

サポート仲間用の戦士「あえて必殺技を修得しない」ということもやりにくくなっています

 

できなくなることもあるけど、できるようになることがたくさん!

大幅なシステム改修功罪はつきもの

どうしても、できなくることも発生してしまいます。

しかし、今回の新スキルシステムは、多くの人にとってメリットの方が大きいと思います

 

いろんな職業のレベルを上げていた人にとっては、
そのすべての職業で自由に遊べるようになりました。

レベル上げをあまりしていなかった人にとっては、
無理に急いでレベル上げをしなくてもよくなりました。

今まで、かなり複雑だったスキル振り分けシンプルになったのもうれしい点です。

 

そして何より、

追加や調整がしやすい拡張性・発展性のあるシステムなので、

これから先、おおいに期待を持てます。

 

今はまだ「前の方がよかったなー」と思う人もいるかもしれませんが、

時間とともに「やっぱり改修されていろいろよくなったよね」と感じてくるのではないでしょうか。

 

わたしも、できなくなったことより、できるようになったことに目を向けて

新しいスキルシステム新しい職業バランス楽しんでいきたいと思います!

 

次回は、新しくなったスキルの振り方を具体的に見ていきます!





ドラゴンクエストXランキング




スポンサーリンク

-その他, 職業・バトル

Copyright© ぽって部! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.